ひきこもりから脱出した、元ひきこもりのうつ病日記 よかった!
FC2ブログ

よかった!

今日もお休みだったので、せっせと文章を書きつつ、
コーヒーを飲みながら、音楽を聴いていました。
キーボードを打つ手を少し休め、
哀愁漂うピアノの音色を聴きながら考えていたのです。
「もし、僕がうつ病じゃなかったら?」と。

僕は発病までは勉強が出来る人間でしたので、
病気が無ければ、とんとん拍子で、
大学を卒業したことでしょう。
上昇志向の高かった僕ですので、
大学を卒業したら、きっと官僚になっていたはず。

そして、その世界でもメキメキと頭角を現し、
出世したに違いありません。
そんな僕も恋をすることでしょう。
偶然出会った、美しい女性に恋をするのです。
彼女は中国人でした。

国籍や民族が違えど、いやむしろ、
国籍や民族が違うからこそ、二人の恋は燃え上がります。
そして、僕は逮捕されるのです。
この中国人女性、中国のスパイだったのです。
スパイ天国日本ですものね。

官僚ではいられなくなり、
将来を悲観した僕は、首を吊って死ぬことでしょう。
こうして、うつ病にならなかった僕は、
30歳という若さでこの世を去るのです。
僕、うつ病になってよかった!!

このように、今、僕が生きていられるのは、
うつ病になったおかげなのです。
うつ病に感謝せねばなりませんね。
あの時、うつ病になったからこそ、
今の僕の全てがあるのですから。

さて、今日も充実した1日を過ごしました。
と言っても、座ってただけですけどもね(笑)。
明日が最後のお休みですので、
明日もゆっくりのんびり心身を休めることにします。
明日に備えて、そろそろ眠ることにしましょう♪






よろしければ、応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
ブログランキング ブログランキング








スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

>まりこさん
まりこさんは親を憎む感情が生まれませんでしたか^^
まりこさんが今思うようなことは、一度親を憎んでから、
ようやく気付く気持ちですが、まりこさんは親を憎むことなく、
そうした考えに辿り着くことが出来ちゃったというのは素晴らしいことですよ(^-^)

それにしても家族仲が悪いと、
子供が気を遣って生活しなきゃならなくなるから、
これはかなり辛いものですよね(>_<)
家族仲が悪いと、その時もとても辛いでしょうし、
ACになってしまって、将来に渡って苦しみ続けるのですから、
今の子供を持つ親御さんには、よくよく考えて欲しいところです。

調子がいい時には、うつ病になったから気付いたこともたくさんある、と考えたりしますが、調子が悪い時は、こうなってしまった自分が悔しいですね
家庭環境にうつ病の原因を見出だすアダルトチルドレンの話を読んだけれども、父母も初めての子育てだったわけだし、貧しかったこともあって、親は親なりに精一杯のことをしてくれたのだ、仕方なかったのだと思うと話したら、アダルトチルドレンの説では、自分が悪いから○○なんだという考えから、一旦親のせいにして、自分は悪くないんだと考えるようにするもので、大抵、親を憎む感情が生まれるのだけれども、と言われました
あなたは優しいですね ですって 私はずっと家族のいさかいの間に立って気を使い、母や祖母の家事を率先して手伝っていました 祖母は父方の祖母で、同居していたのですが、母とは折り合いがよくありませんでした しかし孫の私と妹にはとても優しい人でした 私も祖母が大好きでした 今でもつらい時には、その優しさを思い出します 夢も見ます 内容は祖母が生きていた頃の何気ない日常です
たくさんみたいに、うつ病になって良かったと言う日が来るとは今は到底思えませんが、調子が上向きになるのを待ちます
■カウンター
■プロフィール

たく(『話しませんか?』管理人)

Author:たく(『話しませんか?』管理人)
ひきこもる方、不登校の方。
社会不安障害、強迫性障害、
うつ病(鬱病)、他の心の病、
全ての心の病の方を、
受け入れるサイト、
話しませんか?』の、
管理人のたくです(^-^)
岐阜県に住んでいます♪

■運営サイト
■応援はこちらへ♪

うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

■ブログ検索
■過去の日記
■RSSフィード