ひきこもりから脱出した、元ひきこもりのうつ病日記 フルーチェといえば、西田ひかるは元気でしょうか?
FC2ブログ

フルーチェといえば、西田ひかるは元気でしょうか?

今、寝起きに中華丼を食べたのですが、
あの中に入っている、うずらの卵というのは、
信じられないくらい美味しいですよね。
中華丼の具の8割が、うずらの卵だったらいいのに!
と思うくらい、美味しいのです。

茶碗蒸しを食べていて、
銀杏が入っていると、しみじみ思います。
「こんなに美味しいものがこの世の中にあったなんて!」ってね。
そして、やはり僕は思うのです。
「茶碗蒸しの具は全て銀杏だけでいいのではないでしょうか?」と。

ショートケーキはクリームだけで。
チョコパイはチョコとクリームだけで。
生ハムメロンはむしろ生ハムだけで。
おでんの具は全て卵で。
うな重はうなぎとご飯の比率を逆転させましょう!

そんな好きなものばかり食べたい僕なのですが、
昔、フルーチェを食べたんですよ。
初めて食べたその味に衝撃を受けた僕は思いましたね。

「ああ、フルーチェを嫌になるまで食べてみたい。
 もっとも、フルーチェを嫌になることなどあるだろうか?
 あるわけがない!」と。

その数年後、僕はスーパーで見かけたフルーチェを、
何個か買いましたよ。
そして、その全てを使って作りましたよ。
丼いっぱいのフルーチェを!

丼いっぱいのフルーチェを、しばし眺め、
幸せに浸った僕は、さっそく食べました。
「美味しい! フルーチェ美味しい!」
そう思いながら、味わって食べていました。

結構食べたつもりだったんだけど、
見るとほとんど減ってるように見えなかったから、
「まだ、こんなにも食べられるんだ!」
なんて感激しちゃって、また幸せを感じてね。

一気に食べるともったいないなあなんて、
生来の貧乏性が出てきたので、
冷蔵庫の中にしまっておきました。

その後も、気付いた時に食べ続けていたのです。
「美味しい、美味しい♪」って。
なかなか減らないことに幸せを感じながらね♪
1日かけても食べ終えられなくて。

そして、2日目、冷蔵庫を開け、
僕は思いましたよ。
「ま、まだ、こんなにもある・・・」と。
それからが苦痛でした。
食べても食べても減らないフルーチェ。
恐ろしい。恐ろしすぎます。

それでも貧乏性の僕は、
無理やり最後まで食べきりましたよ!
それ以来、フルーチェは食べてません。
嫌いになったわけじゃないんだけど、
わざわざ作って食べようとまでは思わなくなりましたよ。

やはり、人間、好きなものだけじゃ駄目なのです。
好きだからといって、同じものばかりだけじゃね。
水道水からジュースが出てくればいいのに、
などと思っていた、子供時代の自分は、
なんと愚かだったのでしょうか!

やはり好きなものもたいして好きじゃないものも、
嫌いなものも存在してこそ、
人生、素晴らしいものになるようなのです。
と、フルーチェから得た教訓を久しぶりに思い出したので、
さっき作る計画をした、うずらの卵だけの中華丼は、
お蔵入りにすることにします。





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^-^)

ブログランキング ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

■カウンター
■プロフィール

たく(『話しませんか?』管理人)

Author:たく(『話しませんか?』管理人)
ひきこもる方、不登校の方。
社会不安障害、強迫性障害、
うつ病(鬱病)、他の心の病、
全ての心の病の方を、
受け入れるサイト、
話しませんか?』の、
管理人のたくです(^-^)
岐阜県に住んでいます♪

■運営サイト
■応援はこちらへ♪

うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

■ブログ検索
■過去の日記
■RSSフィード