ひきこもりから脱出した、元ひきこもりのうつ病日記 人間にはよくあることです
FC2ブログ

人間にはよくあることです

今、オタクの方々が言うところの、
「一般人」についての考察を書いてたら、
1万文字を超えちゃってね。

コピーして保存しようとしたその時に、
IEが動かなくなり、そして消え去ってしまい、
僕の考察も消え去ってしまいました(笑)。

結局のところ、オタクの方が想定する、
「一般人」というのは彼らの幻想であって、
実際には、オタクの方々以外でも、
そこに見るべきものがあるならば、
アニメも漫画もゲームも小説も映画も、
どんなものでもオタクの方が想像できないほどに夢中になり、
場合によってはオタクの方以上に、
それらを正当に評価する場合もあるという当たり前のことを、
多くの事例とともに書いたんだけどね。

彼らが言う「一般人」は彼らの願望や想定通りの、
無知蒙昧な輩ではありませんので、
彼らの愛する作品が真に素晴らしいものであれば、
普通に評価するというわけです。
エヴァンゲリオンとかはそうでしたね。

また、その「一般人」は、
オタクの方よりも、よりそのものの本質を、
相当な厳しさでもって看破するのです。
これは娯楽産業においてのみの話ですけれども。
オタクの方々は、一部の例外を除いて、
どうもこの点においては、てんで駄目です。

たとえば、近年の任天堂の躍進は、
ゲームが随分と久しぶりに、
ゲームの本質に立ち返った、
象徴的な事例ですけれども、
オタクの方々にはなかなか理解できません。

でも、彼らが言うところの「一般人」は、
本当によく理解しています。
彼らはオタクの人以上に、ゲームに対して、
楽しい、面白いということを重視しているのです。
他にもこういった事例は数多くあります。

また、逆に「一般人」と呼ばれる方の中にも、
オタクの方々や彼らが好む作品についての、
余りに酷すぎる事実誤認や偏見を持つ、
ちょっとどうかと思う方がいますけれどもね。

実は、オタクの方々が言う「一般人」とは、
このような極めて一部の変な方々のことで、
オタクの方々はそのような方を一般化し、
「一般人」だと考えているのです。

そして、オタクの方が言う「一般人」の方も、
ここで述べてきた偏狭な一部のオタクの方々を、
オタクとして一般化し、彼らや彼らが好む作品を、
毛嫌いしているのですが、
このような現象を長年観察し続けていると、
人間の心理に興味深いものを感じてしまいますね。





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^-^)

ブログランキング ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

■カウンター
■プロフィール

たく(『話しませんか?』管理人)

Author:たく(『話しませんか?』管理人)
ひきこもる方、不登校の方。
社会不安障害、強迫性障害、
うつ病(鬱病)、他の心の病、
全ての心の病の方を、
受け入れるサイト、
話しませんか?』の、
管理人のたくです(^-^)
岐阜県に住んでいます♪

■運営サイト
■応援はこちらへ♪

うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

■ブログ検索
■過去の日記
■RSSフィード