ひきこもりから脱出した、元ひきこもりのうつ病日記 トーマスの顔が怖い(>_<)
FC2ブログ

トーマスの顔が怖い(>_<)

僕はここ数年、
全然怒ったことなんてなかったんだけどね。
何年か前に、ポンキッキーズを見ていたんですよ。
そしたらですね。
ガチャピンがモンゴル人のおじさんのガイドで、
あちこちに移動していたんです。
その時、後ろにいるおじさんに向けて発したのが、

「おじさん、早くしてよー。何やってんのー」

だったんですよ!
その言葉を聞いて、僕は、

「ガチャピン!! こいつ!!!!」

と今まで感じたことのないような、
激しい憤りを感じました。

「ガチャピンめ!! お世話になっている、
 モンゴルのおじさんに対して、
 なんだ、その言い草は!!
 27年間、貴様を見続けてきたが、
 まさか、ここまで落ちぶれるとは!
 もうお前なんか、どうでもいい!
 これからは、トーマスの時代だ!!」

とか思ったんだけどね。
ここ数年で腹が立ったのはそれくらいですね。

20歳くらいになってからは、
ほとんど腹が立つことがなくなったね。
上に書いた時も、本当は、
ん?と気になったくらいだから、
本気で腹が立ったことなんてなかったね。
なんとも生きやすくなってきたものです。

人の言動で腹が立ったり、
テレビを見ていて腹が立ったりっていうのは、
その理由が正当なものであれば、
まだ理解出来るんだよね。

ただ、どうでもいいことで怒っている人や、
怒るばかりか、中傷したり攻撃したりするのって、
どれだけ、他人が自分の思い通りになると思ってるんだろうね。
こういうのは思春期で終わることだろうと思って油断すると、
それが終わっていない人がいて、
トラブルに巻き込まれて、大変だったりします。

他人への依存が激しくて、
他人への愛が薄い人が、
大人になっても、このような状態で居続けますよね。
中傷するにしても、その相手がいて、
そうすることによって、
その脆すぎる自分の心を保っているわけで。
中傷する対象の相手に依存した行動なわけです。

また、批判ではなく、わざわざ中傷しているのだから、
相手を貶めようとしているわけで、
そこに人への愛はないわけなんですよね。
中傷によって得られるのが、相手を貶めることによる、
自分の歪んだ快楽なり満足なりなのですから、
自分のみへの愛のみによる行動なのです。
この場合の愛はもちろん本来的なものではありません。

いずれにせよ、精神の自立は大切ですよね(^-^)
スポンサーサイト



■カウンター
■プロフィール

たく(『話しませんか?』管理人)

Author:たく(『話しませんか?』管理人)
ひきこもる方、不登校の方。
社会不安障害、強迫性障害、
うつ病(鬱病)、他の心の病、
全ての心の病の方を、
受け入れるサイト、
話しませんか?』の、
管理人のたくです(^-^)
岐阜県に住んでいます♪

■運営サイト
■応援はこちらへ♪

うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

■ブログ検索
■過去の日記
■RSSフィード