ひきこもりから脱出した、元ひきこもりのうつ病日記 
FC2ブログ

 昨日全然寝られなかったけど、今日はずいぶんとぐっすり寝られました。寝すぎて、朝刊の配達に遅刻してしまいましたけど。まあ、それぐらいぐっすり寝られたわけです。それに心も体も結構いい感じになってます。昨日は、なんか体がふらふらするし、ちょっと吐き気もしたりして、非常に調子が悪かったものですから。でも、とりあえずは大丈夫になってきて安心、安心。

 そういえば、去年の夏ごろから泥棒猫がうちに来るようになりました。うちは真夏は玄関も裏口も網戸にしているのですが、その泥棒猫はその網戸を巧みに開けて入ってくるわけです。そして、台所を物色するんだけどいつも決まって、ドッグフードを食べて帰っていくわけです。彼の足跡が台所にいーっぱいついていたから、分かりました。

 何度も被害にあっていたものだから、「これはなんとかしなきゃな~」と思うとともに、なぜか「どこに住んでるんだろう?」って気になってしまって。そこで、泥棒猫調査団が結成されたわけです。隊員は僕ひとり。

 その猫はほぼ毎日顔を出します。定期的に同じような時間に来てくれるから、待ち伏せは簡単です。その猫が現れて、しばし網戸越しに見つめあい、猫が「こりゃ~盗めないな~」と思って帰りだしたら、尾行を開始!

 気付かれないようにしながら、といっても無理なのである程度の間隔を開けてついていきます。猫は時々振り返って僕を見ながらも、たいして気にしない様子で、てくてくと歩いていきます。

 しばらくして、猫はさっと人様の庭に入ると、窓から侵入してしまいました。仕方ないので、煙草でも吸いながら待っていると、猫は封が開いてないコッペパン(メロンのクリーム入り)を咥えて出てきました(笑)。こりゃプロだな~と思いながら、さらにつけていくと、我が家に戻ってきました。

 「僕の目の前で盗みを働くのか!? なんて大胆な!」なんて思ってたら、うちの物置の方へ歩いていきます。物置につくとそこにはなんと子猫がいました。自分ちなのに全然気がつかなかった! どうも、この泥棒猫はうちの物置で子育てをしてたみたい。彼だと思ってたけど、彼女だったんだね。

 なんかこうなると、泥棒猫も憎めない存在になってしまいました。それで、しばらく放っておいたら、結構長い間住んでたようです。その後は盗みが出来ないように玄関も裏口も網戸にしないで、ちゃんと閉めといたけど、しばらくはうちの裏口をトントン叩いたりもしてたな~。でも、その後裏口を叩く音を聞くこともなくなってしまいました。物置を見に行っても、いない・・・。なんか寂しくなって、自転車で探しちゃったりして(笑)。

 ふと思い出して、書いてみました。やっぱり泥棒猫でも長い間接していると情が移るものですね。泥棒猫がいつも盗み食いしてたドッグフードを食べてた、うちの犬も癌で死んじゃったし、ちょっと寂しい今日このごろ・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

■カウンター
■プロフィール

たく(『話しませんか?』管理人)

Author:たく(『話しませんか?』管理人)
ひきこもる方、不登校の方。
社会不安障害、強迫性障害、
うつ病(鬱病)、他の心の病、
全ての心の病の方を、
受け入れるサイト、
話しませんか?』の、
管理人のたくです(^-^)
岐阜県に住んでいます♪

■運営サイト
■応援はこちらへ♪

うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

■ブログ検索
■過去の日記
■RSSフィード