ひきこもりから脱出した、元ひきこもりのうつ病日記 2007年07月
FC2ブログ

ポリネシアンは素晴らしいよね

「あの家のポリネシアン、可愛いよね^^」

数年前から、いろんな人に、
そう言い続けてきた僕なのです。
ついさっき、会社から帰ってきたのですが、
その帰りに可愛いポリネシアンを見て、

「ああ、なんて可愛いポリネシアンなんだろう。
 僕も飼ってみたいなあ」

なんて思いながら車を走らせ、
そして帰宅し、ポリネシアンの値段を調べるために、
googleで「ポリネシアン」と検索したら、
http://hulaleinani.com/photo/topleft.jpg
というような、フラダンスの女性の画像が出てきて。

「ああ、僕の知っているポリネシアンとは、
 随分と違うけれど、これはこれで可愛いなあ」

と、しばし、ポリネシアンを眺めていました。

その時、頭の中に、まるで神の啓示であるかのように、
一つの名詞が浮かび上がってきたのです。
それは「ダルメシアン」というものでした。
僕が長年、あらゆる人に、
「ポリネシアン、可愛い!」とか言い続けてきたのは、
どうやらダルメシアンであったようなのです。

どうりで、いつもネットで検索しても、
半裸の陽気な女性しか出てこないわけです。
ダルメシアンという犬はほんとに可愛いですね^^
ポリネシアンと同じくらい可愛いですね(^-^)

どうでもいいけど、さっき、
神の啓示のようなものを受けてから、僕の肩が、
揺れ続けています^^

こんな言い間違いを、昔から僕はよくするのです。
言い間違いというか記憶違いですね。
具体例の一部を挙げますと、

1.北条司→ほくじょう つかさ(キャッツアイなどの作者)
2.任天堂→いんてんどう
3.フェラーリ→フェラリー

このような感じで、いろいろ間違えるのですが、
意思の伝達に齟齬が生じるわけでもなく、
そればかりか、そんなお馬鹿な発言のおかげで、
相手に笑ってもらえるのですから、
僕は馬鹿でほんとによかったなあと思いますね(^-^)






スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

ぬいぐるみが欲しい(T_T)

この7年ほど、
身に着けるものといえば、
人からのもらい物のみだった僕ですが、
最近、トランクスはぼろぼろに破れ、
靴下は穴だらけになり指が出まくり、
Tシャツの襟が広がりまくるという、
それはもう酷い事態に陥っていたので、
7年ぶりに買うことにしました。

美濃加茂市のアピタに行き、
2階で靴下を探します。
どうしてでしょう。
僕は衣類の値段を見ると、
そのあまりの高さに、
どうしても買う気になれません。

でも、買わないことには、
そろそろ僕は全裸で生活しなければ、
立ち行かなくなってきているので、
仕方なく靴下3足1000円のを買いました。
そうこうしているうちに、
100円ショップの存在を思い出したので、
2階にあるそこへ行きます。

去年、そこでトランクスを購入した記憶があり、
実際に見てみたら、ちゃんとありました!
ついでに靴下もないかと調べてみたら発見!
100円ショップで安いので、
2000円分ほど買いました。
これで全裸生活とはおさらばですね^^

しかし、お金を払おうと、
財布を取った時に小銭がぽろぽろと落ちるではないですか。
「なんでだろう?」と財布を見てみると、
小銭入れの部分に穴が空いてるではないですか。
それで仕方なく、今度は財布売り場へ行きます。

見ると3000円以上のものしかありません。
「財布ごときの分際で!!」
と苦々しく思いながら見ていたのですが、
「しかし、今の財布をこのまま使い続けては、
 僕は天然のねずみ小僧になってしまう」
と進退きわまった僕は、
4000円のをよさげなのを購入しました。
なかなかいいものを手に入れられました。

うん、これであと10年は、
再びこの手の物を購入する必要はありません。
これで当分、好きな物のみに、
お金を使えるというものです。

あ、そうそう、どうでもいいけど、
UFOキャッチャーってほんとに難しいよね。
僕はこの人生で1万円はあれにつぎ込んだんだけど、
生まれてこの方、一度も、
ぬいぐるみを手に入れてないんだよね。
どうやら僕の場合は、買った方が早いみたいです^^






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

満足です(^-^)

先日、愛知県犬山市にある、
リトルワールドというところに行ってきました。
ここは世界中の民族の建築物や風俗を再現し、
食事や衣装を着ることで体験できる、
テーマパークなのです。

さて、僕が行った理由は、
もちろん、世界各地の料理の食べ歩きでございます。

順路を歩いていくと、
まずは台湾料理を発見!
そこで、大きな肉まんと小籠包を頼み、
タピオカ入りの、
ココナツミルクを頼みました♪
タピオカを太いストローで吸うのが、
なんとも楽しかったです^^

次にペルーの食べ物です。
ここではシュラスコバーガー♪
焼いたお肉の塊を薄く切ったものを、
こんがり焼いたパンに挟んで食べたんだけど、
それはそれは美味しいものでした(^-^)

しばらく歩くとドイツのソーセージが!
「これは食べねば!」と、
さっそくウィンナーを頼みます。
普段食べるのよりさすがに美味しいね♪

そうすると、イタリア料理のお店を発見!
ジェラートを食べます。なかなか美味しいね。
コーンのところにクリームがなくて、
最後はコーンだけで楽しむことになったのが、
なんとも寂しいところでした。

その後、ワニとダチョウを食した後、
しばらく歩いていたんです。
そしたら魅力的な建物を発見しました。
そこの窓をぼんやり見ていたらですね。

その窓の奥に、この地球上で、
最も愛すべき存在のうちの一つを発見しました。
そう、インド人です。

これまでの道中ですっかり満腹だった僕ですが、
おあつらえ向きのちょびヒゲを蓄えた、
インド人に誘われて、
僕はチキンカレーとチャイを頼みました。

辛口は辛かったですね。辛いにも程があります。
辛いから、カレーを食べた後にチャイを飲むのですが、
甘いチャイを飲んだ後にカレーを食べると、
カレーがより辛く感じられ、またチャイを飲む、
というような負の連鎖に苦しむ僕なのです。
そして、そんな僕を見守るインド人。

食べ終わった後、インド人に、
「美味しかったですよ(^-^)」と、
食器を渡すと、
「アリガトゴザイマシター」と、
片言の日本語でお礼の言葉を言う彼に、
インド人萌えの僕はすっかり満足し、
またここに来ようと心に決めたのでした。

食べ歩きは楽しいね♪
今度行ったら、フランス料理も食べて、
やっぱり最後はインド人で締めることにしましょう(^-^)






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

彼らは可愛いね^^

あれは、いつだったかな。
JR美濃太田駅の南口付近で、
ふらふらと徘徊していたら、
女性が立ってたので、
暇だったから話しかけてみたんですよ。
そしたら、その人、中国の人だったみたいで。

その人が、まだ拙い日本語で言うには、
一昨年の7月に日本に来て、
働いているとかなんとか言うことでね。
マッサージ屋で働いてるということで。
で、そのマッサージ屋は、
その近所に住む、詳しい友達が言うには、
マッサージ屋の看板を掲げた風俗店でね。

「来てね^^」とか言われたものの、
行けるわけもないのですね。

でもまあ、道端で中国人女性との、
語らいのひと時が過ごせて、
とても楽しい時間が過ごせましたね(^-^)

ブラジル人もフィリピン人も、
中国人も韓国人もそうだけれど、
日本に来て間もない外国人が、
拙い日本語で一生懸命、
僕に話してくれてるのを見てると、
なんとも言えない可愛らしさを感じます^^
今後もちょくちょく国際交流するとしますか♪

でも女性だと、美濃加茂近辺の場合、
ブラジル人以外は大抵が夜のお仕事の人なんだよね。
夜のお仕事の人とはお店に行かないと、
話す機会がほぼ皆無だから、
今後もなかなか話す機会はないだろうね。
通りすがりの人に話しかけられる時くらいだね。
もっと話す機会があればいいんだけどね^^

ブラジル人の場合は、
いつでも話せるんだけどね^^
彼らは今や、どこにでもいるからね。
でも、いっぱいいすぎると、
希少価値が薄れるから、話しかける気がなくなるんだよね(笑)。
日本人と同じくらいいっぱいいるもんね。
またブラジル人にUFOキャッチャーの仕方でも、
教えてもらおうかな^^

さて、昨日は一日ドラクエソードで遊んでましたよ。
おかげで、右腕が筋肉痛になっちゃいましたよ。
Wiiって利き腕をよく使うから、
アクションやスポーツ物ばかりやってると、
どんどん利き腕が肥大化していきそうで、
それが今から楽しみです(笑)。

ちなみにドラクエソードは、
ようやく最終面まできました♪
最後の敵に勝てるかどうか分からないけれど、
ちょっと頑張ってみましょうかね^^




テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

ドラクエソード楽しい♪

今週のお仕事もあっという間に終わりました^^
仕事が終わって、昨日の朝に帰宅し、
椅子に座って3時間ほど眠り、
ちょこっと部屋の整理をしてから、
お昼に友達に来て貰いました。

昨日の友達と会うのは半年振りくらいかな?
二人でテレビを見ながら、
のんびりゆっくりと話していました^^

うつ病などで病んでいた頃は、
人に会う気力がほぼ皆無だったから、
人と一緒にいることは全然なかったんだけどね。
病気が治って、最近になると、
だんだん人と一緒にいたい気持ちが出てきたみたい。
昨日、しみじみと実感したんだけれど、
友達といると、一人でいるよりも、
リラックスできて、心穏やかでいられます(^-^)
また近々、遊んでもらうことにしましょう♪

一人で部屋の中にいれば、
自分のしたいことだけが出来ます。
ゲームであったり読書であったり、
ネットであったり思索であったりね。
それはとても楽しく充実した時間で、
僕はそのような時間が大好きなんです。

でも二人でいるとまたちょっと違う、
幸せな時間が過ごせますよね。
一人でいる時に自分がしたいと思うことは、
自分で考えてしていることですから、
それは、自分の思考の範疇内のことですので、
意外性もなにもあったものではありません。

そして、人間がどのようなことに、
より大きな喜びを感じるかといえば、
自分の想像出来ないところから来る、
意外性のあることによる喜びであって、
それは一人の時では味わうことが出来ません。

友達と一緒に過ごしていると、
そういった喜びを味わえるのが、
なんとも幸せなことだと思うのですね。
自分の期待を裏切る仕方で、
自分の欲求を満たしてくれるのが、
人間関係の素晴らしさだなあと、
昨日は幸せな時間を過ごしていて思いました(^-^)

さて、今日は、この前買った、
ドラクエソードをやりまくることにしましょう♪
今日はクリアするまで頑張っちゃおうかな♪

僕は幼少期にアニメの赤胴鈴之助を見て、
ちゃんばらごっこをしだして、
それ以降は、夢の中でちょくちょく、
侍と死闘を演じてきたのです。
その経験が生きる時がついに来たというわけです!




テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

平和だなあ

なんと一週間も日記を書いてないではないですか。
この一週間、とりたてて変わったことがなかったから、
気分的に毎日日記を書いて、
毎日サイトを運営していたような気になってたけど、
全て、ほったらかしにしていたようですね。

この一週間、何をしていたのかと思い出してみると、
まず仕事は毎日楽しんでやってたよね。
御飯も毎日ちゃんと食べてたし。
あと、Wiiの「ドラゴンクエストソード」を買って、
たまに遊んでみたりしてるし。

床屋に行って、
「いつものように切ってください♪」と言って、
「いつもの・・・とは?」と聞き返されたり(笑)。

あとはそうだなあ。
ネットで「フルメタルパニック ふもっふ」ってアニメを、
たまたま見てみたら、
あまりに良質なコメディだったものだから、
久しぶりに腹を抱えて笑っちゃって。
ついつい全部見ちゃって、ついでに全シリーズ、
全話を1日かけてみちゃったりして。
そして感動しちゃったりしてね。

そんな感じで過ぎた一週間だったみたいだね。
なかなか楽しい一週間でしたよ(^-^)

今週は、ちゃんとサイト運営と日記更新をしなきゃね^^
仕事も遊びもついでに楽しむことにしましょう♪

そして来週は、ほぼ全てがお休みという、
長期連休なのです。
今週を楽しみまくって勢いをつけて、
来週の連休でさらに元気を出して、
楽しみまくろうと思っています♪







テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

あれほど新聞が待ち遠しい日々はなかったです(笑)

今日の未明に仕事をしていたら、
ふと気付いたんだけどね。
仕事をしている時の今の気分と、
昔、ひきこもっていた時の、
機嫌がいい時の気分が、
なんだか似通ってることにね。

僕がひきこもっていた時って、
外には出られないし、昼夜逆転もしてるし、
お金がないから、漫画も本もゲームも買えないし、
当時、テレビは深夜番組がすぐに終わっていたし、
ネットなんて存在してなかったしで、
とにかく、することが何もなかったんだよね。

そんな暇な環境で生活していた僕は、
あらゆる角度から、あらゆる手法で、
自分を責め苛み続けるのが、
マイブームだったんだけどね。

そんな陰鬱な毎日だったんだけれど、
人間、同じことばかりしていると飽きるみたいで、
たまには気分がいい時もあるんです。

そんな時だけは意識が外に向くものだから、
人間のことや歴史のことや、
サッカーの戦術やら若年層の育成方針やらなにやら、
いろいろと考えては楽しんでいたんですね。
ひきこもっていた時の僕が、
唯一心から楽しめたのがそんな時間でしたね。

先にも書いたように娯楽が全て断たれている状態で、
出来ることといえば考えることだけで。
ただただ、考えることのみに、
時間を費やしていました。
その時だけは、僕の心は、
自分の中だけではなく、この狭い部屋の中だけではない、
広い広い世界で遊ぶことが出来たのですね。

そして今、仕事をするしかない環境に身を置いて、
それでも身柄が拘束されているだけで、
頭は自由だから、毎日あれこれ考えることを楽しんでいます。

ひきこもっていた時は、
その幸せな時間も極めて稀にしか訪れなかったけれど、
今は毎日、そんな楽しい時間を満喫できているのですから、
随分と幸せなことだと感じています。

また、ひきこもっていた時の、
僕を自殺寸前まで追い込んだ、
僕のマイブームの方も、
人間心理を理解するための、
いい経験になったし、ひきこもりを抜け出せた僕を形作り、
現在の僕の中にも確固たる地位を占めている、
多くの考えを生み出すきっかけになりました。

このように、死を願う思考と行為が、
生きるに値するだけのものを生み出す契機になり、
その合間の時間に、この上ない喜びを知ることにもなった、
ひきこもりの経験というのは、
僕にとっては、かけがえのないものだと言えますね(^-^)






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

梅雨はいいね(^-^)

先月、車が故障して、
仕方なくタクシーで、
自宅会社間を往復したんだけどね。
タクシーの運転手さんが、帰りに、
「こっちの方が近いですよ」と、
近道を教えてくれて。

なるほど確かに、
いつも僕が通る道の通りに走ってもらった、
行きの時の料金よりも、
帰りの運転手さんが言う近道の方が、
料金が少なかったんだよ。
僕は「おお!」と思ってね。
しばらくその近道を走って帰ってたんだよね。

その後、たまたま、
近道じゃない道で帰ってみて。
そしたらね。近道よりも早く家に着いたんだよ。
「なんでかな?」と考えてみたら、
結局、運転手さんが言う近道っていうのは、
距離的なものでしかなかったんだよね。
でも、僕に必要なのは時間的なそれであって。
というわけで、今は結局、
以前と同じ道で帰ってきています。

同じ言葉でも人によっては、
考え方が微妙に違って面白いよね^^

最近はなんだか忙しくてね。
仕事やらなにやらで大変ですね。
変な話、仕事が息抜きになってます。
僕は昔、仕事を選ぶ時に何を重視するかについて、
日記に書いたんだよね。

それは、望みの職種に就けないのならば、
極端な単純作業で、頭の中が自分の自由になり、
いくらでも考え事が出来るところで、
就職しようということを書いたんだよね。
今の仕事はそういった仕事なんです。

なので、仕事をしながら、あれこれ考え事をし、
また疲れてる時は何も考えなかったり、
脳内カラオケをしてみたり、
気分がのってくると実際に歌ったりしているわけで、
仕事の時間ってすごく気楽なんですよね。
部屋でごろごろしてる時の気分なんです(^-^)

僕にも就きたい職業があったけれど、
それに就くのはもう不可能なのだから、
自分が一番したいことを実現できる、
今のような仕事をしてるんですよね。
ある意味、夢が叶ったということで、
僕はすっかり満足しているのです(^-^)

そんな仕事にこの後行ってきます♪
その前に、これから、
プリングルスとプッチンプリンを食べることにしましょう♪





テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

うーん楽しみ♪

昨日の朝、仕事を終えて、
新聞を読んでいたら、
見覚えのある部屋と一人の人物の背中が、
新聞の一ページ丸ごと使って載せられていて、
ぞくぞくしてしまいました。

「やっと正式発表がきたか。
 テレビアニメシリーズの広告で、
 全国向けの広告でしかも1ページ全部を使うって異例だなあ」

としみじみと感慨に耽ってしまいました。
僕が興味を示すアニメといえば、
ただ一つ「涼宮ハルヒの憂鬱」です。
これの第二期が決定したという広告が、
朝日新聞にでかでかと掲載されていたんですね^^

その広告の下の方に、
21時にサイトを覗け見たいなことが書いてあり、
僕もちょっと接続してみました。
そしたら、二期で放送するであろう、
とても重要で素敵なエピソードが再現されていて、
見ていて酷く感動してしまいました。

僕はフィクションについては、
登場人物の心理にリアリティがあるものや、
登場人物の志の高さを感じさせるものに、
興味をひかれるのです。
そうじゃなけりゃ、共感も感動も出来ないですからね。

ですので、非現実的な設定が、
リアリティを生み出している、
このアニメが好きであり、
その後、5日ほどで既刊分は全部読んだ原作も、
すっかり大好きになったのです。

たとえば僕はテレビドラマが好きだけれど、
それの何が好きなのかといえば、
現実に則した設定での、
登場人物の心理のリアリティのなさに、
面白味を感じているからなんですけれど、
やはり、そんなだから、そこまで好きじゃなくてね。

映画もそんな感じで、好きだけれども、
そこまで好きじゃありません。
もちろん、中にはリアリティがあるものも、
ありますけれどね(^-^)

ゲームや漫画やアニメも好きですが、
のめりこむのは極めて少ないですね。
思い出してみたら、僕がこれは好きだとはっきり言えるのは、
上に書いた作品とワンピースとめぞん一刻と、
あとはドラクエ7のみでしょうね。
もちろん、僕は大概のものは楽しめますが、
本気で好きだと言えるのは極めて少ないのです。

やはり人間心理に現実味がないと、
なかなかのめりこめませんよね。
世界観とか設定とかは非現実的で荒唐無稽であって、
全然構いませんけどね。

もちろん、人間心理が非現実的であれば、
違った意味で僕にとっての価値が出てきて、
それはお笑いとして素晴らしいというものになりますね(^-^)





テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

DSゼルダ、クリアしました♪

この2、3週間の日記は、
アニメやらゲームやらライトノベルやらの話が多くて、
僕は書いていて、自分が、
おたくさんなのではないか?と、
ちょっと思ってもみたんだけど、
それはそれで、何か不都合があるのかと考えると、
そんなものは何もないから、
どうでもいいことだよね。

そういや、前に彼女が、
「たくさんって秋葉原が似合いそう・・・」
なんて、ぽつりと漏らしたことがあって。
確かに僕は秋葉原に魅力を感じるんだよね。
僕はあそこにある幾つかのオーディオショップには、
興味があるし、いつも利用してるんだけれどね。

僕よりだいぶ若い彼女のイメージする秋葉原って、
ここ数年で形成された、おたくの聖地って感じのものだろうから、
もしかしたら、僕がセーラー服を着て、
フィギアでも持ってるのを想像してるんじゃないかと、
僕も変な想像を上乗せしてみて、
一日楽しむことが出来ましたね。

彼女は、また、
「たくさんって、時々、おじさんに見える・・・」
なんてことも漏らしたことがあって。
今年32歳になる僕は、おじさんだと思うんだよね。
僕も、もう自分がおじさんであることを、
すっかり自覚してるし♪

こんな感じで、彼女が時々漏らす、
彼女の僕についてのイメージとか、
印象とかが聞いてて面白くていいんですよね(^-^)

彼女に限らず、友達にせよ、
知り合いにせよ、行きつけの店の店員にせよ、
いつも荷物を持ってきてくれる宅急便の子にせよ、
関心を持ってくれてることが分かると、
とても嬉しくなりますよね^^

こういうのを逆手に取ると、
人と親しくなりやすいんですよ。
たとえば、研修中のコンビニ店員の子に、
「研修中なんだね。頑張ってね^^」
なんて声をかけたことがあります。

そのしばらく後に、お店に行くと、
その子の名札から研修中の文字がなくなっていて。
それを見つけ、その子の仕事ぶりを見たあと、
「もうすっかり仕事に慣れたみたいだね^^」
なんて話したりもして。

こんな程度のことでも、
僕が関心と好意を持ってくれていることを、
その子は知って嬉しかったらしく、
それ以降、急速に仲良くなったのでした。

その子は僕を見ると、
いつもにこにこしててね。
喜色満面とはこのことだって顔をします♪
高校生って可愛いなあってしみじみ思いましたね(^-^)

この子が男の子じゃなければ!と思いましたね。






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

そのうち発見できないかな?

昔、僕は強迫性障害という、
心の病を患ってたんです。
今も昔も無知な僕は、
自分が精神病であるとは知らず、
「僕って、頭おかしいみたい(笑)」
なんて思いながら、
毎日、遊んで暮らしていたのです。

僕の場合、不潔恐怖という、
汚いものを嫌がる症状と、
洗浄強迫という、手などを、
何度洗っても綺麗になったと実感できないために、
日がな一日、手などを洗い続ける症状と、
確認強迫という、自分にとって失敗が許されない行動を、
きちんとできたのかどうかを、
執拗に、数十回、数百回確認し続ける症状といった、
いろんな症状に苛まれていました。

これらを病気であると知らなかったため、
当然、治療は受けず、自力で治しました。
でも、当時の名残は今でも残っているようです(^-^)

たとえば、会社でトイレに行った時です。
トイレの電気をつけて、
用を足して手を洗い、
「さて、仕事に戻るか」と、
電気を消そうとする時にですね。

「僕以外に、誰かいないかな?
 誰か入ってるのに、電気を消したら、
 その人、困っちゃうよね」

なんて考えて、
トイレの中に誰かがいないかを確認するのです。
本来なら、確認なんてする必要はないのです。
というのも、僕より先に誰かが入っていないことは、
僕がトイレの電気をつけたことからも明らかです。
それでも、なんだか気になっちゃって。

それで、洋式便所をチェックし、
男性用便所をチェックし、
ドアの裏側に誰かが潜んでいるかもしれないということで、
ドアの裏側も一応チェックし、
洗面台の下のスペースに、
誰かいないかチェックします。

とやっていると、最初にチェックした、
洋式便所のとこに人がいないかどうかが、
また気になって洋式便所を見て、
「大丈夫だ!」と思いながらも、
洋式便所のふたを開けて中をチェックし、
「これで完璧だ!」と、
満足してトイレを後にするわけです。

ごくたまに、こんなことを、
今でもするんですよね。
でも、生活に全然支障がないからOKです♪

しかし、なんで僕は、
便器の中までをチェックするんだろうね?
別にチェックするのは構わないんだけど、
人がいないかを調べるために、
そこをチェックするということは、
僕はあの便器の中に人が潜んでいると、
危惧しているということでね。

僕の頭の中の同僚は、
どんなおもしろ人間なんだろうねえ(笑)。






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

後編

「古来から人間は、生きるために、
 他の動物を食べてきましたよね。
 さて、
 
 ただただ生きるためだけに、
 動物を手にかけ、食べている人がいます。

 そして、

 動物が苦しみ、死に絶えることに快楽を感じ、
 動物を手にかける人がいます。

 両者は目的は違っても動物を殺しています。
 では両者の人間性は同じものだと考えますか?
 また、もしこの件に関して動物が裁くとしたら、
 どちらにも同じ量刑が科せられるとお考えですか?
 
 先の受験の話を参考にすれば、
 あなたにとって両者は同じように悪質な存在だとしか、
 言えないはずですから、
 両者は同じように悪人であり罪人でなければなりません。
 しかし、実際はそうではないでしょう?

 受験についてのあなたの論理は、
 これと同じものです。
 あなた、僕がそんな詭弁に騙されると思ってるんですか?
 そろそろ黙れや。張り倒すぞ、この野郎!!」

なんて言うところでしょうね。
この頃だったら、張り倒しはしないでしょうが。

今の僕だったら、
キレはしないだろうけれど、
嫌味の一つや二つは言うでしょうね。
僕は、この世で一番嫌いなものを教えて欲しいと言われれば、
間違いなく「それは詭弁だ」と答えますからね。

そんな昔のことを、唐突に思い出したものだから、
今日は仕事中、ちょっと、いらっとしましたね(笑)。
今の僕は、よっぽどのことじゃないと腹は立たないし、
よっぽどのことでも腹が立たなかったりするけれど、
詭弁っていうのは、人間の悪事の手法としては、
僕が最も忌み嫌うものです。

暴力に天文学的数字をかけあわせたくらいの、
悪質さの度合いなのが、この詭弁というものですので、
本当にどうにかしなきゃならないと、
僕は常々考えているわけであり、
親の仇のように憎いわけですね。
ほんと、なんとか出来ないものでしょうかね。

と、日記を書いてきたんだけど、
このままじゃ長すぎて、投稿できないから、
今日は前編、後編にすることにしますか。
それもこれも、全て詭弁のせいですね。

そういえば、今日の未明、
DSのゼルダやってたんだけど、
ほんとに面白いね、これ。
もうすぐクリアだけれど、なんだか、
クリアするのがもったいないですね。
クリアして売ってお金が手に入ったら、
そんな未練が一切なくなるのが僕なんですけれどね(^-^)






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

前編

最初の高校を辞めて、
無職でふらふらしながら、
いらいらもしていた時にね。
家にどこかの宗教の信者が布教に来たんです。

「我々は罪を重ねながら生きているのです。
 たとえば、一見喜ばしい受験合格も、
 見方を変えれば進学した子がいなければ、
 合格したであろう不合格になった人もいます。
 
 恋愛でも、もし、あなたに恋人がいて、
 二人は幸せだったとします。
 しかし、あなたが恋人と付き合うことによって、
 他の誰かが恋愛できなくなってしまったのです」

そのようなことを、その男は言い、続けて、

「私も○○さん(僕のこと)も、他の人もすべて、
 そうとは知らないながらも悪いことをして、
 罪を重ねてい」

と言ったところで、
「おい! おまえ、くだらねえこと言ってんじゃねえぞ!!」
と僕がキレて、掴みかかろうとしたら、
その男が逃げていったところで、布教が終わりました。
僕は子供の頃、行儀が悪かったんですね。

その男の発言の何がくだらないかってですね。
たとえば受験の例についてですけどもね。

自分が合格したら、他の人が不合格になる。
不合格の人はその結果、場合によっては、
将来の夢に差し障りが出る。
であるならば、合格したことは悪いことだ。

男はこのようなことを言い出したわけです。
その話を聞いて張り倒そうとした、
その時の僕の考えはですね。

そんなふざけた理屈が成立するためには、
俺が他の受験生の将来を奪うことを目的に、
受験し合格した時だけだろうが。
そんな受験生いねえだろう!
受験生は合格したいから受験してるんだよ!
そうやって人に罪悪感を感じさせて、
入信させるのがお前の手か。こっち来い!

といったようなものでしたね。
実際にこのように話したら、
たぶん、男はこう答えたでしょうね。

「でも、結局、あなたが合格すれば、
 他の人が落ちて、辛い思いをするんだから、
 同じことですよ」

で、もしそんな言葉を僕が聞いたら、
間違いなく、逃げていく男を追いかけて捕まえて、
殴ったことでしょう。

20歳くらいのほんの少しだけ冷静になった僕ならば、
このように言ったことと思います。






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

今回は絶叫なしでした(^-^)

結構前になりますが、
彼女と「横浜コスモワールド」という、
遊園地に行ったんです。
遊園地は、かれこれ25年ぶりとあって、
わくわくしながら行きました(^-^)

それ以前に彼女と、
「遊園地に行きたいね(^-^)」と、
二人で話していたところ、
ジェットコースターの話になったんです。

僕も一度だけ乗ったことがあります。
あれは小学生の時のことでした。
愛知県犬山市にある遊園地に、
そのジェットコースターはありました。
当時、すでに日本全国で回転するものが、
流行していたのですが、
そこのは回転もなにもせず、
ただただ早く動くだけのものでした。

僕は母と一緒に乗りました。
「こんなもの、余裕だろう。ふっ」
なんて、嫌な笑い方をする小学生でした。
そして、スタートした途端、
僕は再現不可能な声で絶叫し始めました。
絶叫し続け、だんだんと意識が遠のき始め、
「もうだめだ・・・」というところで、
終わってくれたのが、せめてもの救いだったでしょうか。
それ以来、僕は絶叫マシーン恐怖症になったのです。

そんな話を彼女にしたら、
彼女は、いたずらっぽく、
「ジェットコースター面白いよ♪」
などと言うではないですか。
さて、どうしたものかと考えたものの、
彼女が乗りたいと言うし、
これはちょっと見返さねばならん!というのもあったので、
遊園地に来たというわけなのです。

そんなわけで二人で、
乗り込んだのですが、なぜか僕らは先頭でした。
ついてなさすぎです。
でも、もう逃げられないので、
覚悟を決めました。
ジェットコースターはいよいよ走りだします。

歳をとったせいか、
不思議と恐怖感はありませんでした。
が、ものすごい急角度で、
水面に突っ込み、そのままもぐっていくところで、
僕は25年ぶりに恐怖を感じました。

その後はね。怖くはなかったんだよ。
でも、慣性の法則が僕の首を押さえつけるものだから、
顔を上げていられなくて、大変でしたね。
怖いやら、痛いやらで、
僕は「えー・・・」と言いながら、
乗り場に帰ってきたのでした。
でも、これはこれで面白かったですね(^-^)

ジェットコースターも慣れれば、
もっと楽しめるだろうね♪
でも、彼女が、
「回転するのに乗ろうよ!」なんて言い出す前に、
もっと他の面白いものを探さなければいけませんね(笑)。







テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

■カウンター
■プロフィール

たく(『話しませんか?』管理人)

Author:たく(『話しませんか?』管理人)
ひきこもる方、不登校の方。
社会不安障害、強迫性障害、
うつ病(鬱病)、他の心の病、
全ての心の病の方を、
受け入れるサイト、
話しませんか?』の、
管理人のたくです(^-^)
岐阜県に住んでいます♪

■運営サイト
■応援はこちらへ♪

うつ病ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

■ブログ検索
■過去の日記
■RSSフィード